失恋によってトラウマができてしまった人は、辛くても一度過去を振り返ってみてはいかがでしょうか。
振り返ってみるとはいっても、それは失恋した当時の辛いことを思い出せという意味ではありません。
それよりももっと前、出会いから間もない時期を思い出すべきなのです。

なぜそうするべきなのかといえば、出会いから間もない頃には、たくさんの楽しいことがあったはずだからです。
恋人の気持ちを理解できた時の喜びや、関係を深めるために何度もしたデートのこと、その時の思い出はいずれも楽しかったはずですし、もっと多くの楽しさを一緒に経験したいという気持ちにもなったはずです。
失恋のトラウマはそうした楽しかったことのすべてを覆い隠し、ただ辛い経験をもたらしたと印象づけて遠ざけようとしているに過ぎません。

失恋を経験した人であっても、新しい恋をする権利はありますし、それによって楽しさや嬉しさといった、心のプラスになる経験をする権利もまたあるのです。
確かに、悲しい思いや辛い思いはしたくないものですが、そうした経験もまた人には必要ですし、そうした経験をすることで、楽しさや嬉しさはより引き立ち、そうした、プラスの経験を多くしたいと考えるようになり、長く良好な交際が続くよう努力することができるようになるのです。
もちろん、そのためには、相性のいい恋人を探すことが大切ですし、人となりをしっかり理解した上でアプローチを開始することも大切です。

そのためには、出会いの場を選ぶ必要があるでしょう。
コミュニケーションの機会をしっかり持つことができ、なおかつ、自分のペースで相手を観察したりアプローチの時期を決めたりすることができる場所が好ましいでしょう。
これらの条件をクリアしているのは、合コンなどのイベントではなく、スマートフォン用の出会いアプリではないでしょうか。
こうしたアプリにはコミュニケーションのための様々なツールが用意されているので、新しい恋を安心して始められるはずです。